« メールの返信が早い人ほど仕事ができることの証明 | トップページ | デフレスパイラルからの脱出、その時オリエンタルは? »

2010年9月21日 (火)

どこへ行く日本。

 お世話になっている民主党の笠ひろふみさんが文部科学省の政務官に、ひだか剛さんが環境省の政務官に就任されるようです。頑張って欲しいですね。ただ、民主党は日本をどんな国にしようとしているのでしょうか。どんな国にしようとしているのかわからないので、打ちだした政策が正しいことなのかがジャッジもできません。まずどんな国にしたいのかを国民にしっかり発信して欲しいと思います。大きな政府を目指すのか、小さい政府を目指すのかだけでもまずは教えて欲しいです。その後に消費税・法人税率はどうするのか?子供手当は?高速道路は?と議論すれば良いと思います。

 このことは国の運営だけでなく、会社の経営にしても同じことが言えます。私もオリエンタル産業の方向性を社員に示さないといけません。

« メールの返信が早い人ほど仕事ができることの証明 | トップページ | デフレスパイラルからの脱出、その時オリエンタルは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メールの返信が早い人ほど仕事ができることの証明 | トップページ | デフレスパイラルからの脱出、その時オリエンタルは? »

facebook

最近のトラックバック