« 複利計算で算出する人の成長 | トップページ | どこへ行く日本。 »

2010年9月19日 (日)

メールの返信が早い人ほど仕事ができることの証明

 前にも話をしましたが、メール(電話)の返信が早い人ほど、仕事ができるということを再び強く感じました。メールの返信とは、「報告」もしくは「連絡」です。報告は義務とも言えます。そして、連絡は気配りとも言えるでしょう。つまり、メールの返信が早い人は、義務を早く果たすことができ、気配りの出来る人なのです。仕事ができるのは当たり前ですね。私が知っている上場企業の社長や売れっ子の建築家・デザイナーはみんな信じられないくらい早いですよ。

 ホウレンソウの「報告」と「連絡」が出たので残りの「相談」についてちょっと。相談をするということは問題解決をするということです。他の人の力を借りて問題解決をするということですから、自分のレベルアップに繋がります。ホウレンソウは大事です。是非身につけましょう。

« 複利計算で算出する人の成長 | トップページ | どこへ行く日本。 »

コメント

mamaさん
ありがとうございます。
今度、我が社に講師でいらしてください。
お待ちしています。

おはようございます。
これは間違いなくその通りですね。
私も後輩たちに同じことを口酸っぱく言ってます。
これは、同時に私も気をつけないと・・・という意味もありますが^^;

それからコピー取りや資料作り、それから飲み会の幹事など遊びを含めて、依頼をきちんとこなせる人も仕事がデキル人だと思います。

「頼まれごとは試されごと」・・・デキル人は、どんな依頼でも自らの工夫で高いクオリティを目指します。相手にとって便利であるように心がけ、小さな信頼を勝ち取ろうと貪欲です。

そういう日頃の姿勢が、ここ一番の勝負が来た時に大きな差になるのだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 複利計算で算出する人の成長 | トップページ | どこへ行く日本。 »

facebook

最近のトラックバック