« 三越銀座店新館オープン! | トップページ | 綱島でポーターズペイントのワークショップを開催します。 »

2010年9月12日 (日)

慢心と危機感喪失

 お客さまからクレームをいただくことがあります。お客さまにしてみると、そんなことを好き好んでするはずはありません。苦言を呈するという言葉のように、あえて言いたくないことでも、相手のために言ってくれているのだと思います。私どもの慢心を諭してくれているのです。失礼なお話かもしれませんが、そんなお客さまを大事にしたいと思います。安岡正篤さんも次のような言葉を残しています。「本当のためになる言葉は多くが苦言であります。苦言は人のためになると言いますが、実際その通りでありまして、甘言を愛するようではまだまだ出来ておらぬ証拠であります」

 また、最近スタッフの数人に危機感がないのが気になっています。危機感を感じるべき人がそうでないのです。でもこれは自分が厳しさを伝えることができていないのが一番の原因なのでしょう。なんとかせねばなりませんね。

« 三越銀座店新館オープン! | トップページ | 綱島でポーターズペイントのワークショップを開催します。 »

コメント

園部さんはそんなことないですよ。高い目標があったり、自分に厳しい方は、ヒトの言うことを素直に聞くことができますよね。私もそうありたいといつも思うのですが、ついムカっとしてしまいます。(笑)

今の自分の事と思います。
反省し、真摯に向かいたく
思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 三越銀座店新館オープン! | トップページ | 綱島でポーターズペイントのワークショップを開催します。 »

facebook

最近のトラックバック