« 週刊住宅新聞社 | トップページ | 民主党と自民党 »

2011年4月10日 (日)

「義は利の本なり」

私は営業する時は必ず相手のためになろうと強く思います。ですから私がお仕事させていただくよりも、お客様が幸せになる手段が他にあるなら、そちらを正直にすすめてしまいます。当たり前かもしれませんが、お客様にとってno1でないと失礼ですよね。時々営業をされて思うのですが、誰のために営業しているのかわからない営業マンがいます。自分の利益ばかり追求しているのですが、結局は自身の利にもなっていないでしょうね。孔子の言葉を最後に紹介しておきます。「義は利の本(もと)なり」「利は義の和なり」「利は智をして昏からしむ」

« 週刊住宅新聞社 | トップページ | 民主党と自民党 »

コメント

松岡さん
コメントありがとうございます。おっしゃる通りですね。世のため人のために、引き続き努力します。

情けは人のためならずですね。
私も、部活のコーチをしていて、指導の立場にありますが、指導の中で改めて気付かされることが多々あります。
相手のために尽くすことが、結局自分に帰ってくると改めて気付かされます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 週刊住宅新聞社 | トップページ | 民主党と自民党 »

facebook

最近のトラックバック