« 水野真紀さんの夫、後藤田正純衆院議員の不倫 | トップページ | 5月の月間オリエンタル »

2011年6月 6日 (月)

「近き者の説こべば、遠き者の来る」

 論語に「近き者の説(よろ)こべば、遠き者の来る」という言葉があります。近しい人を大切にしていたら、自然と良い噂が広まり、遠くからも人がやってくるという意味です。仕事においても、いつもお付き合いしている人を大事にしていれば、自然とお客様は増えていくということです。まわりを見ていて感じるのは、営業が出来ない人は、いつも新規顧客の開拓にばかり時間を費やしています。逆に出来る人は、新規開拓しなくても、今までのお客様や紹介いただいた方で十分な仕事量になっています。新規開拓をし続けることは、精神的にも体力的にも厳しいことです。新規開拓ばかりしている人は自身の行動を見直してみてはいかがでしょうか。

 もう一つ論語を紹介します。「君子は言に訥(とつ)にして、行いに敏ならんことを欲す」私の敏行という名前の由来かどうかは知りませんが、きっとこういう行動を求められて、名付けてもらったのでしょう。実行しなくてはいけませんね。

« 水野真紀さんの夫、後藤田正純衆院議員の不倫 | トップページ | 5月の月間オリエンタル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 水野真紀さんの夫、後藤田正純衆院議員の不倫 | トップページ | 5月の月間オリエンタル »

facebook

最近のトラックバック