« ハワード・ストリンガー会長兼社長の報酬 | トップページ | ひだか剛さんの勉強会で武田一顯さんの話を聴きました。 »

2011年7月12日 (火)

『楽観主義は意志により、悲観主義は気分によるものである』

 テレビの情報番組などで、菅総理や政府への批判や愚痴ばかりが連日放映されて、気分が良くないですね。悲観的な発言に終始している人がほとんどです。「楽観主義は意志により、悲観主義は気分によるものである」という言葉を教えてあげたくなります。ま、コメンテーターという商売なので仕方ないかもしれません。でも、ちょっと考えてみてください。人の逆を行った方が差別化できるかもしれません。つまり、日本の将来を楽観的に見た発言ばかりするのです。人気を博するかもしれませんよね。ただ、そのためには、意志が必要だということです。そう簡単には何事も抜きんでることができません。きっと皆さんのビジネスにもあてはまるのではないでしょうか。

« ハワード・ストリンガー会長兼社長の報酬 | トップページ | ひだか剛さんの勉強会で武田一顯さんの話を聴きました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハワード・ストリンガー会長兼社長の報酬 | トップページ | ひだか剛さんの勉強会で武田一顯さんの話を聴きました。 »

facebook

最近のトラックバック