« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

新社名はオリエンタル不動産ではありません。

 お世話になっている方から「新社名はオリエンタル不動産だって?」と連絡をいただきました。確かに、1月に社名変更をしますが、わが社は建設業も行っているので、このネーミングはあり得ません。出所を教えていただいたら、犯人がわかりました。添付写真の全国賃貸新聞さんでした。前回も確かオリエンタル工業とか書かれたのですが、今回はオリエンタル不動産でした。社名を変更すると言っている時期にこれだと勘違いされても仕方ないですよね。それにしてもわが社は知名度を高めて、間違われないようにしないといけません。

Photo_2

2012年10月30日 (火)

スティーブジョブスとスタルクの設計した船が完成したそうです。

 アップル(スティーブジョブズ)が好きで私は株をちょっとだけ持っています。一般的なビジネスにおいては臆病で、取引先が気になるのですが、アップルに関しては全く業績等を気にしていません。なぜだか自分でも不思議です。そんなジョブズがスタルクと設計し、自分の家族と世界一周するために作った船がやっと完成しました。ジョブズは完成した姿を見ることができませんでした。残念だったでしょうね。私が代わりに世界一周してあげたいです。ちなみにスタルクは日本の建築・インテリア業界ではみんなが知る有名人で、アサヒビールの浅草にあるホールと目立つ屋上のオブジェを設計した人です。

Photo

学生と肛門

  先日のM大学の話の続きです。知人のアーティストが、M大学近くのS大学に講師として呼ばれたとき、教授に「学生のことは怒らないでください」と言われたそうです。本人も冗談かと思ったらしいのですが、本気だったようで、最近の怒られ慣れていない学生はすぐに泣いたり、登校拒否になるそうです。話を聞くとM大学よりも、酷い状況です。こんなに甘やかされて育った学生は、当然弱体化しています。ウオッシュレットに甘やかされて育った肛門と同じです。ま、私も社会人になったとき、同じようなことを言われていましたから、戦後、年々学校がぬるま湯になっていっているのでしょう。そのうち、ゆでガエルが大量発生するに違いありません。

 成長できる環境を、学校だけでなく、企業も提供できなくなっていると感じます。そんなとき信じられるのはやはり自分です。自分を成長させたいと思うなら、自分への投資を若い頃からしておくべきです。時間とお金を自分に掛け、どんな社会でも生き抜いていける知恵とハートを身に付けるべきでしょう。

2012年10月29日 (月)

駿台甲府高校 と ひだか剛さん と 播磨屋本店

 駿台甲府高校の同級生の医者2人と食事しました。OBで医者になった人間は多く、集まれば総合病院も出来ると思います。2人は給料もたくさん貰っていますが、その分当然苦労も多いようで、会って話す度に尊敬しますし、刺激を貰えます。私からは良い刺激を与えられているのかはちょっと心配ですが。

 昨晩、ひだか剛さんのタウンミーティングがありました。政治家も本当に大変な仕事だと思います。文句言われることばかりで、褒められることはなかなかないですからね。しかも、ひだかさんは、小沢一郎さんと同じで、言い訳など一切せず、メディアへの露出が下手なので損ばかりしています。「国民の生活が第一」にはスポークスマンが必要ですね。それと、聞くだけで元気になる政策が必要だと感じます。愚直で良いのですが、明るく楽しくないのです。私もちょっとアイデアを出させてもらいましたが、党の政策に加えてくれれば嬉しいです。

 先ほど、建築家のSさんに、播磨屋本店(おかき処)を紹介いただきました。店舗が面白いという話だったのですが、webサイトがもっと強烈でした。是非、ご覧ください。社長が強烈です。http://www.harimayahonten.co.jp/

2012年10月26日 (金)

現場を離れること。

 会社を成長させるためには、私が現場から離れることが絶対必要だと考えています。じょじょに出来つつありますが、まだまだ遠い道のりです。こう言ってしまっている時点で、駄目ですね。

 それと、私のコミュニケーションミスが判明しました。わが社のミーティングは「誰がいつ何をやるかを決める場」といつも言っていました。私の頭の中ではミーティングの理想ができていて、この発言だったのですが、言われたスタッフは理解できていなかったのです。こんな言葉足らずでは当り前です。相手の立場になって、発言しろと偉そうにいつも言っていて話になりませんね。「ミーティングは、ミーティングでやらないといけない議題だけに時間を使う」「雑談及び報告・連絡・相談は(基本的には)ミーティング以外で行う」と言えばわかってもらえると思います。こうするとミーティングの時間が減り、日々の即コミュニケーションが増えるはず。しかも、日々の雑談及びホウレンソウにおいて、必要なメンバーのみの参加とスピードアップを意識すれば、毎日最低1時間はすぐに早く帰宅できるでしょうね。

日本の教育が心配です。

 昨日、友人の建築家に誘っていただき、M大学建築学科の設計課題の講評会に行ってきました。まず驚いたのが製図室の汚いこと。自分の空間のゴミを拾えない人が、人の家を美しく、街を美しくできるのだろうかと感じました。そして、挨拶ができない。これはM大学だけでなく、全国の学生達の多くに当てはまるはずです。日本の社会全体の問題でしょうね。それと、コミュニケーションが取れない。今まで記憶するとか、吸収することを鍛えてきたのでしょうけれど、吐き出すことを知らない。何を照れてしまっているのか、自己主張できません。それと、相手の立場に立てていません。相手が何を考えて、何を欲しているのかを感じようともしないのです。課題を出されたら、その課題を出した人の考えを探るべきです。数学でも社会でも英語でもこの先生は何を求めているのかを考えろと教えられてこなかったのでしょうか。また、寝ている学生が多いことにも驚きでした。こういう現状を見させていただき、今後の日本が心配でなりませんでした。ただ、逆に、こんなレベルの学生ばかりだと、ちょっと努力すれば日本では抜きんでることができると感じました。ただ、世界的に見ると、低レベルに甘んじることは間違いないでしょう。とりあえず、挨拶と掃除の教育から早急にスタートすべきでしょうね。

2012年10月25日 (木)

言葉の重み

 日本は赤字国債が発行出来ず、このままだと年金や生活保護の支出を凍結し、公務員給与の遅配が行われるかもしれません。これって、企業に当てはめると、「会社にお金がなく、給与が払えなくなるかもしれない」と経営者が言っているのと同じです。ま、最近アメリカでも同じようなことが起きていましたが。

 さて、最近スタッフの言葉の軽さを感じます。相手の立場になれずに、自分の立場からの発言も多いです。みんな頑張ってはいるのでしょうけれど、精神的余裕がなく、ついついやってしまっているようです。そして、結局それをフォローするのに余計に時間をかけてしまう悪循環に陥ってしまっています。なぜ、そんな発言するのだろうと考えましたが、やはり原因は私にあるようです。私の言葉が軽いのです。細かいことは書きませんが、部下がやってしまっていることはやはり必ず自分に原因があるようです。今後、重い言葉を発したいと思います。

2012年10月24日 (水)

CICADA と breadworks

 友人の寺田氏がCICADAbreadworksを表参道に新規オープンさせました。オープニングパーティに呼んでいただき、お邪魔してきました。表参道駅から徒歩2分の素晴らしい立地に、こんな建物があったのかとまずは驚きます。勿論、提供する食事も素晴らしかったです。見せ方が上手いですよね。働くスタッフも皆、誇らしげでした。いやあ、やってくれますよね。勿論、ポーターズペイントもふんだんに利用してもらっています。皆さん、是非行ってみてください。たくさんの刺激をもらうことになるはずです。

Cicada_2

2012年10月23日 (火)

青山有紀さんと佐戸川和久さんがオーダーメイド賃貸を実現

 友人の料理家、青山有紀さんが賃貸マンションの1室をリノベーションしたそうです。ただでさえ料理家として大活躍しているのに、私の領域まで入ってきてもらいたくないのですけどね。(笑)旦那さんのインテリアデザイナー佐戸川さんとの最強タッグは手強そうです。お手柔らかにお願いしたいものです。

料理家が築45年の賃貸マンションをアトリエにリノベーション!

惰性

  つなしま不動産マーケットの店長が交代し、色々と動きが出てきています。今までのあたり前を否定し、新しいやり方に変えたり、やること自体をやめたりしています。きっと近い将来、大きな結果に繋がると思います。朝礼でも話をしたのですが、世の中の動きが早くなっているにも関わらず、我々が日々惰性で同じことを繰り返していては時代に置いていかれます。成長するお客さまにも対応できません。変化を面倒に思っているのか、それとも恐れているのか、残念ながらほとんどのスタッフが改善ができずに惰性で動いています。変化をしない方が、危険な時代であることを忘れてはいけません。

2012年10月22日 (月)

30周年パーティ&社員旅行

 リーダー会合で30周年パーティのことを話し合いました。時期的に社名変更記念パーティを兼ねるかもしれません。家族を呼んで、みんなで旅行に行ったらどうかというアイデアもありました。確かに、4年前に京都に行ってから、社員旅行には行けてません。(編、馬場徹さん宅編)京都も町家がどんどん壊され、街並みも破壊されています。現状把握にもう一度みんなで行くのも良いかもしれませんね。

Koutouin

写真のたなかや

 わが社のスタッフ写真を撮っていただいている写真のたなかやさんがTVに出るそうです。以前ももやもやさまーずに登場されたりとご活躍です。大山街道を盛り上げるためにも頑張ってもらいたいですね。街道沿いの他のお店とも連携していただきたいです。アイデアはたくさんあるので、後で相談に行きたいと思います。

Photo

2012年10月19日 (金)

食い放題反対! と いきなり団子

 相変わらず世の中食い放題のお店が多いですね。日本では食べ物に感謝し,「いただきます」と言ってから食事をします。食い放題のお店では、食べ物に感謝しているとは思えません。牛や豚や鳥などの命を軽く見過ぎていると感じます。動物だけでなく、植物の命も大事にしないといけませんね。大食い競争のテレビ番組も勘弁してほしいものです。

 熊本のおばちゃんから、いきなり団子が送られてきました。サツマイモとあんこの団子です。これが本当に素朴で美味しいのですよ。私の大好物です。「いただきます!」

Photo

壊される日本

 若かりし頃、ホワイトハウス前でアメリカの政治家が東芝製のラジカセをハンマーで壊すパフォーマンスを行いました。その後も写真等を見る機会があったからでしょうか、未だにその様子は脳裏に焼き付いています。そして、先日中国において、日本製の車や店舗が破壊されました。いつの時代も日本は壊される立場ですね。逆に日本は他国の商品を破壊したりしているのでしょうか。それにしても、もう世界はまとまる時期に来ていると思います。江戸時代、江戸から大阪まで旅人は早くて10日かかりました。今10日あれば、世界のどこでも行けます。そして、世界中にある領土問題なんて、宇宙から見たら小さいことです。そんなことにエネルギーを使うくらいなら、もっとお金も手間もかけるべきことがあるのではないでしょうか。

2012年10月18日 (木)

『リノベーション EXPO JAPAN 2012』リノベーションセミナー&ペイント体験会のご案内

弊社では、リノベーションをご検討中の皆様に、
オンリーワンのリノベーション講義を開講致します。(参加費無料)
もちろん、セミナーの後半では、ペイント体験も開催予定です。
ぜひお気軽にご参加ください。

○開催日時
10月27日(土)17:00-18:30

○開催地
東京都渋谷区東1-3-1
カミ二ート20/常磐松ロイヤルハイツ2F「playroom]
『リノベーション EXPO JAPAN 2012』会場内

○最寄り駅
「渋谷」駅から徒歩9分、「恵比寿」「表参道」駅から徒歩15分

○参加費 無料

○お申し込み
 http://www.porters-paints.com/inquiry.html?mail=201103

『リノベーション EXPO JAPAN 2012』
主催:一般社団法人リノベーション住宅推進協議会

「リノベーション EXPO JAPAN」とは、
「見て聞いて学ぶリノベーション」をコンセプトに、
リノベーションをご検討中のお客様どなたでも、
ご参加いただけるイベントです。

ターゲット

   最近、ドリンク1本100円以下の自動販売機が多いですね。売上を伸ばしているのでしょう。ただ、私はどうも飲みたいと思わないのですよね。きっと私をターゲットにしていないマーケッティングなのでしょう。先日、ある取材を受けたときに、わが社のターゲットを聞かれました。わが社はB to Cのビジネスをしている事業部は明確なターゲットがあります。これが命とも言えるので細かいことは言えませんが、自分たちより知的水準、教育水準、文化水準の高い方々をターゲットにしています。その方がやりがいもありますし、将来、こんな人になりたい、こういう生活を送りたいと仕事をしながら、自分の将来を夢を描けるのです。ですから、自分が成長すればするほど、お客様のレベルも上がっていきます。現状はなかなかご満足いただけるレベルになっておりませんが、近くで見ているとスタッフは日々成長しております。今後の成長に期待していただけると嬉しいです。

Photo_2

2012年10月17日 (水)

ふじすえ健三参議院議員が総務副大臣・郵政民営化担当副大臣に。

 藤末健三参議院議員が総務副大臣ならびに、郵政民営化担当副大臣になりました。もともとひだか剛衆議院議員にご紹介いただきました。熊本出身で、自宅も近くなので、勝手に親近感を持っています。現状の日本の状況を打開するには、MITやハーバードで学んだ藤末さんの頭脳が必要だったのでしょう。本日の日経にも掲載されていましたが、下地郵政民営化担当大臣が3年以内に日本郵政を上場させると発表しました。表の理由は当然納得できますが、裏の理由が気になります。藤末さんご本人に聞いたわけではありませんんが、藤末さんを副大臣にするということが、日本が破滅に近付いている証拠のような気がしています。ま、ここまできたら、日本は何もないところから仕切り直しても良いかもしれませんね。

時短

 時短がなかなか進まないので、強制的に本社は22時絶対帰宅を決めました。(綱島は1時間遅れ)すでにクリアできている事業部もありますが、帰宅が遅い事業部を考えてのこの時間設定です。(事業部毎に、もっと早く設定する事業部もあります)これさえも守れない人には、1日私が横について、仕事ぶりを見させてもらおうと思います。頑張ってくれるのは嬉しいですが、体が心配です。そして、とりあえずこの時間設定ですが、近い将来もっと早い時間に設定し直したいと思います。

 仕事が遅い人を見ていると、共通項があります。まず、素直でないということです。自分のやり方を変えられず、他の人がアドバイスしてくれた新しいやり方を受け入れることができない。それと、判断力が無い。ビジネスは判断の連続なので、これがないのは厳しいです。多くのことが1分考えても1時間考えても答えは変わらないですし、1分考えても答えが出ないなら、考え続けても一生答えは出ないのです。しかも、そういうときに、相談をするという判断が出来ないのです。このことを理解して、時短ができつつあるスタッフもいます。頑張ってほしいですね。

 

2012年10月16日 (火)

大〇建託 や 生〇コーポレーション

 相変わらず賃貸マンション・アパートが新築されています。すでに空き部屋が多くなり、困っているオーナーさんが多くなっているにも関わらず。競争力があると見込んで建てているのでしょうけれど、10年後、20年後にどういう社会になっているのか自身で想像しているのでしょうか。その時になって他人の責任とは言えません。自己責任ですよ。大〇建託、生〇コーポレーションなどの「30年一括借り上げ」「30年家賃保証」という言葉に踊らされていないでしょうか。現在すでに、これらの会社に頼んで厳しい状況になっているオーナーさんを何人も知っています。これから賃貸市場はもっと厳しくなるのに、なぜお願いしてしまうのでしょうか。営業が上手なのでしょうか。先日も知人の地主から大〇建託の見積もりを見せてもらったのですが、あまりにも高い建築費だったので、1割は下げれると助言したところ、簡単に下げてもらいました。そんなことをする業者に任せて良いのでしょうか。不動産屋であり、建築屋であるのに、街並みのことやオーナーのことを考えない仕事の仕方は本当に止めて欲しいものです。

金沢の旅館「由屋るる犀々」

   金沢では由屋るる犀々に宿泊しました。金沢駅近くで雰囲気の良い旅館ということで探し当てた旅館です。約5年前にリノベーションした旅館ですが、そのプランがとっても勿体ない。女将に聞いたのですが、大手の建設会社に任せてしまったそうで、スタッフが素晴らしい方々ばかりなので、そのリノベーションの質の低さが際立ってしまっていました。ただ、まだまだ改善の余地があるので、じょじょにレベルアップしていくとは思いますが、実に残念でした。それと、今回は夕食をいただけなかったのですが、朝食からすると期待できそうなので、次回はじっくり堪能したいと思います。

Photo

2012年10月15日 (月)

宇多須神社 と 東茶屋街 と 金城楼

 元スタッフの小倉の結婚式に参列するため、金沢に行ってきました。前田利家を祀った宇多須神社での式の後、東茶屋街での花嫁道中、その後、歴史ある料亭金城楼での披露宴と金沢の歴史と文化を満喫させてもらいました。花嫁道中では、一般の観光客に「綺麗!」「映画の撮影?!」「Beautiful!」と歓声があり、ちょっと騒然とした場面もあったほどです。披露宴では、花嫁のお母様が娘に新郎とのキスを強要するという珍しい場面も遭遇しました。小倉のご家族とも話をさせていただきまして、小倉という人間がなぜあのように純粋に育ったのか理解できました。涙と笑いと色々な意味で学ぶことができた1日でした。小倉、いつまでも幸せにな。

Ogura

2012年10月12日 (金)

吉村順三・吉田五十八・前川國男が設計した住宅

 展覧会「昭和の名作住宅に暮らす」を観に行ってきました。吉村順三・吉田五十八・前川國男が設計した住宅が住み継がれることなく、壊されてしまう可能性が高いそうです。そんなことをさせてはいけませんよね。まだ6、70年しか経っていないのです。住宅は長い年月をかけて、その土地の一部になっていきます。せめて100年くらいは存在させてあげてほしいものです。今壊してしまったら、せっかく大きくなってきた木を切るのと同じです。ご自身で住みたいという方がいらしたら、是非声をかけてください。

Photo_4

2012年10月11日 (木)

日本が破産してからを考えよう。

 日本の一般会計予算の歳出額は約90兆円に対して、歳入の約半分が国債などの借金で賄っています。つまり、毎月45万円の収入の家庭が、90万円使い続けている状態です。こういう状態を民主党なら変えてくれると国民は信じて、政権交代となりましたが、結果はご存じの通りです。蓮舫さんはどこに行ってしまったのでしょうか。だからと言って、また自民党に任せたら、国家強靭化基本法という200兆円もばらまく法律を成立させてしまいます。橋下さんくらいしか、任せられる人はいないかもしれませんね。ま、とんでもない裏技を隠し持っていない限り、日本はこのままだと倒産します。デフォルトを起こすか、それ近くまで行きます。今回のIMFの会合は何を話をしているのでしょうか。韓国をどうやって軟着陸させるかだけでなく、日本の今後も話し合われているかもしれませんね。韓国のように大企業はどんどん外国資本となるのでしょうし、郵貯もトヨタもパナソニックもアメリカに持って行かれることになるかもしれません。価値が出そうな会社は買われ、価値のない会社は倒産です。そんな時代はすぐそこまで来ています。さあ、どうするか考えましょう。

2012年10月10日 (水)

二子神社と諏訪神社のお祭り

 先日、二子神社と諏訪神社のお祭りがありました。地元で同時開催でしたが、どちらもそれほど盛り上がらず、境内の屋台も4軒づつほどで、とても寂しかったです。ただ、写真にもあるように、老人ホームの老人や保育園の子供は楽しみにしていますし、良いコミュニケーションの場にもなっていました。街が一体化する瞬間がありました。祭りだけでなく、街にクリエイティブなコミュニケーションをもっと生み出したいですね。

Photo

2012年10月 9日 (火)

プロの仕事  

 朝礼で「本気になれない人はいらない」という話をしました。本気で仕事をしている人からすと邪魔ですからね。ただ、レベルが低い話ですが、くだらない理由で本気になれない人がいるので、そんな場合は上司や仲間達がちょっとアドバイスしてあげて欲しいですね。最近、プロの仕事ができていないことが度々あります。工期が遅れたり、品質が良くなかったりと、あたり前のことさえも出来ていないこともあります。こういうことにおいても、本気になれないスタッフとは一緒に改善することは無理です。全員に本気になってもらうために、私がすべきことをやっていきたいと思います。

 それと9月の月間オリエンタルの表彰がありました。今回は人数が多いです。本気でやってくれているスタッフだと思います。

Photo

 

2012年10月 8日 (月)

キアヌ・リーブス主演のリプレイスメント

 

Photo

 一流映画ではないのですが、私はこの映画が好きで、時々DVDで観ています。若かりし頃のキアヌ・リーヴスがアメフトの交代要員として活躍する映画です。七転び八起きの精神とでも言いましょうか、人生には必ず苦しい時、落ち込むときがあります。それを乗り越えてみんな生きています。そんなあたり前のことを思い出させてくれ、勇気をくれる映画です。

 最近、親から子供への暴力事件を度々耳にします。きっと自分の周りで起きていることを自分の責任と感じず、受け入れることができず、他人に当ってしまっているのでしょう。自分の周りで起きていることは自分の責任と考えたら、次に前向きに進めるはずです。(もしくは諦める人もいるでしょうけれど)仕事においても大きな壁にぶつかって、跳ね返されて苦しい思いをしている人がいます。諦めることは簡単です。その壁を人の力を借りてでも良いので、どうにか越えるか、壊すかして、前に進んでもらいたいものです。ほとんどのことには出来る方法は残されています。周りのデキル人に是非相談しましょう。

2012年10月 5日 (金)

嫌われる政治家

 当選後ろくに仕事をしない政治家がいます。ただ、そんな人はそれほど批判・非難もされずのうのうと生きています。逆に、頑張っている政治家は出る杭は打たれるではないですが、メディア・SNSなどで叩かれることになっています。世のためになろうとする政治家は、当然ですが、国民(地域住民)よりも、日本(地域)をどうすべきか真剣に考えていますし、良いアイデアを持っています。ただ、その策は全員をハッピーにするものではなく、反対意見も多くあります。ですから、新しいことをすればするほど、叩かれることになるのです。これはビジネスにも当てはまります。わが社も既存のビジネススタイル・ビジネス習慣に異を唱えることが多く、いつも叱責されたり、批判にさらされています。それでも、我々が頑張れば世のためになると本気で考え、活動を続けています。先が見えない混沌とした時代、人に嫌われることも必要だと考えています。

 

 ポーターズペイントも逆風の中、11年間やってきましたが、ここ2,3年ようやくフォローの風が吹いてきているようです。辞めてしまったスタッフもいますが、みんなの頑張りの結果です。写真は昨日と今日開催している3回目のポーターズペイント代理店サミットの様子です。全国の代理店に集まっていただきました。私を筆頭に準備が全く足りなかったのは、猛省です。ただ、今後も世のため人のために、今以上に全国にポーターズペイントを広めなくてはいけません。褌を締め直していきたいと思います。

Photo

 

2012年10月 4日 (木)

挨拶をする。時間を守る。

 最近、たびたびスタッフに「明るく元気に挨拶をしよう」「時間を守ろう」という話をしています。考えてみると小学生時代に習うことですよね。情けない話ですが、わが社は出来ていません。私自身が徹底出来ていないのだと思います。私がミーティングに10秒遅れたとしたら、リーダーは1分遅れても良いと考えるでしょう。そうなると新人だったら、3分遅れても良いと考えるはず。そして、お客様に対しても時間を守らなくて良いと考えるでしょう。まずは私自身が徹底したいと思います。

2012年10月 3日 (水)

笠ひろふみ衆議院議員が文部科学副大臣に。

 nengoの仲間である笠ひろふみ衆議院議員が文部科学副大臣に任命されました。政務官も経験されているので、適任かと思います。田中真紀子さんが大臣できっと大変だと思いますが、笠さんならやり抜くでしょうね。子供への虐待やいじめ問題も家庭の問題が大きいとは言え、学校での道徳教育などが大きく影響すると思います。頑張ってほしいですね。

 

 今朝の朝礼でも話をしたのですが、いじめられて自殺する子供達はとっても狭い世界でしか物事をジャッジしていません。もっと広い世界に住む人からアドバイスもらったり、救いの手をさし伸べてもらったら命を落とすことにならなかった子供は多いのではないでしょうか。学校の先生には頑張ってもらいたいですが、同級生の子供たちも、いじめられている子を見つけたら、相談に乗ってあげたり、先生や親に話をしてみて欲しいです。実は社内でも同じようなことが起きています。責任感が強いばかりに、自分でなんとかしようとして、結局なんともならず、お客様に迷惑をかけてしまったり、上司に言われたことや会社の方針を自分の少ない経験と知識でジャッジしてしまい、勿体ない発想をしてしまったりしているスタッフがいます。自ら上司に相談も出来ないし、まわりも悩んでいる人の相談に乗ることがあまり出来ていないのです。みんな余裕がないのです。どうにかしないといけません。

 

全国賃貸住宅新聞に掲載いただきました。

 全国賃貸住宅新聞に掲載いただきました。社名は間違っていますが。(笑)

Zenchin

2012年10月 2日 (火)

東京駅丸の内駅舎保存・復原工事

 東京駅丸の内駅舎保存・復原工事が完了しました。古い建物を大切にすることは素晴らしいことですね。東京駅の歴史を学ぶと壊されなくて本当に良かったと思います。ただ、その手法には疑問を感じます。高層の建物を建てない分、その空中権を新丸の内ビルなどに買ってもらい、500億円を手に入れ、リノベーション費用にあてたそうです。おかげで地域はガッタガタ、東京駅周辺はとってもアンバランスな開発となりました。丸の内はもっと低層で揃えたら格好良い街になるのですが・・。この空中権取引という手法はやはりアメリカ仕込みだそうです。どこかの不動産屋が変な知恵を身につけ、国を動かし、自身の利益優先の好き勝手な街つくりをしているのは明白です。国土交通省にはしっかりしてもらいたいものですね。

2012年10月 1日 (月)

ベロタクシー

 おんぼろ不動産マーケット溝の口・高津・二子新地を愛する不動産マーケットのご案内にベロタクシーを導入しました。理由は、街にクリエイティブなコミュニケーションを生み出したいのと、我々の関わる街をベロタクシーが似合う街にしたいからです。是非乗りに来てくださいね。

Photo

5700個の金庫が警察に届け出。

 東日本大震災で流された5700個もの金庫が警察に届けられたそうです。中身はトータルで23億円近いそうです。当り前と言えば、当り前かもしれませんが、素晴らしいことですね。略奪などが大きな問題となっているイギリスやアメリカなどでも絶賛されているようです。昨日も、鍼灸の先生がおっしゃっていましたが、「日本ほど東洋医学と西洋医学が充実している国はない、自信を持って良い」と。これらのこと以外でも日本は良いことがたくさんありますよね。私もついつい政治を否定しがちですが、注意したいと思います。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

facebook

最近のトラックバック