« 現場を離れること。 | トップページ | 学生と肛門 »

2012年10月29日 (月)

駿台甲府高校 と ひだか剛さん と 播磨屋本店

 駿台甲府高校の同級生の医者2人と食事しました。OBで医者になった人間は多く、集まれば総合病院も出来ると思います。2人は給料もたくさん貰っていますが、その分当然苦労も多いようで、会って話す度に尊敬しますし、刺激を貰えます。私からは良い刺激を与えられているのかはちょっと心配ですが。

 昨晩、ひだか剛さんのタウンミーティングがありました。政治家も本当に大変な仕事だと思います。文句言われることばかりで、褒められることはなかなかないですからね。しかも、ひだかさんは、小沢一郎さんと同じで、言い訳など一切せず、メディアへの露出が下手なので損ばかりしています。「国民の生活が第一」にはスポークスマンが必要ですね。それと、聞くだけで元気になる政策が必要だと感じます。愚直で良いのですが、明るく楽しくないのです。私もちょっとアイデアを出させてもらいましたが、党の政策に加えてくれれば嬉しいです。

 先ほど、建築家のSさんに、播磨屋本店(おかき処)を紹介いただきました。店舗が面白いという話だったのですが、webサイトがもっと強烈でした。是非、ご覧ください。社長が強烈です。http://www.harimayahonten.co.jp/

« 現場を離れること。 | トップページ | 学生と肛門 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 現場を離れること。 | トップページ | 学生と肛門 »

facebook

最近のトラックバック