« CICADA と breadworks | トップページ | 日本の教育が心配です。 »

2012年10月25日 (木)

言葉の重み

 日本は赤字国債が発行出来ず、このままだと年金や生活保護の支出を凍結し、公務員給与の遅配が行われるかもしれません。これって、企業に当てはめると、「会社にお金がなく、給与が払えなくなるかもしれない」と経営者が言っているのと同じです。ま、最近アメリカでも同じようなことが起きていましたが。

 さて、最近スタッフの言葉の軽さを感じます。相手の立場になれずに、自分の立場からの発言も多いです。みんな頑張ってはいるのでしょうけれど、精神的余裕がなく、ついついやってしまっているようです。そして、結局それをフォローするのに余計に時間をかけてしまう悪循環に陥ってしまっています。なぜ、そんな発言するのだろうと考えましたが、やはり原因は私にあるようです。私の言葉が軽いのです。細かいことは書きませんが、部下がやってしまっていることはやはり必ず自分に原因があるようです。今後、重い言葉を発したいと思います。

« CICADA と breadworks | トップページ | 日本の教育が心配です。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« CICADA と breadworks | トップページ | 日本の教育が心配です。 »

facebook

最近のトラックバック