« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

一発芸をするインターン

 わが社では内定者にインターンに来てもらっています。4月から一人前に仕事ができるためです。ビジネスができるようになるだけでなく、会社に刺激を与えてくれという話もしています。単なる歯車にはなってもらいたくないので、ビジネスはできないにしても、自分の存在価値を見せつけて欲しいと思っています。朝礼で必ず一発芸を行う女子学生もいます。相当つまらないのですが、その面白く無さが笑えます。彼女以外にも刺激をくれる学生が来年から我々の仲間に加わります。とっても楽しみです。彼らがブログを書いているので良かったら読んでやってください。

Photo_2

2012年11月29日 (木)

好奇心

 人は好奇心を持ち続けると成長できます。子供は大人に「なんで~なの?」という質問を多く投げかけますが、これを大人になっても続けるべきなのです。自分の回りに起きたことをなぜなのかを考えることにより、人は成長していきます。当然多くの経験をすることも重要です。多くの経験をし、その度に考える作業をするのです。逆に、子供の頃からテレビばかり見ていたり、ゲームをしているとそれが出来ない人間になってしまう可能性が高いです。昨日も若手のスタッフと話をしていて驚いたことがありました。座禅修行の話をしていたのですが、興味はあるけど行く気になれないというのです。残念というより、驚きでした。会社が費用を出し、自身が知らない世界を見る機会であるのに、そのチャンスを自ら放棄してしまうのです。これでは成長する訳ないですよね。皆さんはせっかくのチャンスをものにしていきましょう。

2012年11月28日 (水)

川崎市の100年後

 川崎市議会議員の竹田のぶひろさんと川崎市の景観・まちづくり支援課とのミーティングに行ってきました。川崎市を元気にするために、川崎らしい、美しい街並みにしたいという話し合いをするためにお邪魔してきました。はじめてのミーティングにしては、突っ込んだ話まで出来ましたし、地区計画や建築協定の知識を得ることができたので有意義な時間となりました。川崎の100年後はきっと美しい街並みになり、他の地区から、「川崎に住みたい、川崎に遊びに行きたい」と人が多く流入してくる街となっているはずです。今後は横浜市ともミーティングを持ちたいと考えています。それにしても、竹田さんの川崎や川崎市民を思う気持ちは大変強く、信頼できる政治家だと改めて感じることができました。街頭演説にしても、川崎市では一番多く行っているはずです。竹田さんような政治家ばかりになれば、市民はハッピーでしょうね。

週刊ダイヤモンド 「今、入るべき会社」

  探しても探しても、わが社の名前は載っていませんでした。10年後に得する意外な企業全リストにも見つかりませんでした。私が50歳になるまでに、建築・不動産業界で一番入りたい会社になるには、そろそろこのような特集に登場しないとダメですよね。頑張ります。

Photo

2012年11月27日 (火)

「自分の回りで起きていることを自分の責任と考える」

 「自分の回りで起きていることを自分の責任と考える」ということは難しいことですね。自分では出来ていると思っても、実は自分勝手な発想であったりします。自分の回りで起きていることを本気で自分の責任と考えることができるなら、その問題はクリアしたに等しいです。問題を把握できるようなことでしたら、解決策など必ず見つかるものです。逆に、何もないところから何かを生み出すってとても難しいことです。つまり、0から1をつくる動きです。それと比べると、1を10にする動きはそれほど大変なことではありません。ビジネスにおいて、自分の回りに問題を抱えている方は本気でそれを改善しようとしてみてください。改善できない人は本気度(自責の念も)が足りないかもしれません。なぜなら、自身の力で解決できないなら、助けてくれそうな人を探し、本気で助けを求めれば良いだけですから。

2012年11月26日 (月)

すし 喜邑(きむら) 二子玉川

 自分へのご褒美で食事するときがあり、私は二子玉川にあるお寿司屋さん「きむら」に伺います。江戸前のお鮨屋さんです。相当手の込んだお寿司ですが、見た目にはそうは感じさせません。至ってシンプルです。イサキなどの白身は、2,3週間熟成させたものを出してくれます。天然だからこそ時間が経っても美味しくいただけます。養殖はそんなことできません。(これって、建築にも当てはまることです。本物の素材は古くなったら味が出てきます)それと、このお店にはユニークなお客さまが多いです。先日に知り合った方は、ご実家に蒋介石が泊まったことがあるというハイソなおば様や台湾からグルメ旅に来た台湾人カップルでした。そんな方々と仲良くなれるのも、このお店の楽しみです。興味ある方は是非行ってみてください。木村さんとの相性が合えば、間違いなく感動できるお店ですよ。

Kimura

大雄山 最乗寺 

 

 わが社の平松が座禅特訓道場に参加したので、決意表明を聞くために、大雄山最乗寺に行ってきました。彼の人生の中で1,2を争う辛い3日間だったのではないでしょうか。今後の彼の活躍は期待できますよ。甘い自分に気がつき、自身に厳しく接するようにマインドチェンジする研修です。私も含めて誰もが参加すべき内容です。特に自分で厳しい環境に飛び込めない人は、是非参加してみてはいかがでしょうか。私も30分だけ坐らせていただきました。曹洞宗のお寺での座禅は経験無かったので、良い経験となりました。実はあのスティーブ・ジョブズも禅に興味を持っていたのですよ。その話もそのうち書かせていただきますね。

Ketui_hyoumei


2012年11月22日 (木)

小言です。

 昨日、全国賃貸住宅新聞の榎本さんとある地主さんと会食している際に携帯電話や作法の話になりました。携帯電話がどれだけコミュニケーションや人の成長に害を及ぼしているのかという話です。最近では、会社に急に病欠する場合にメールで済ませたり、デート時2人でいるのに、別々にメールをしていたりする人を見かけます。そんな場面に遭遇すると私は危機感を覚えます。携帯電話のない時代、彼女の家に電話をするときは緊張しました。なぜなら親が出る可能性が高いからです。おかげでコミュニケーション能力は高まり、常識も身についたと思います。お恥ずかしながらわが社の若手でもランチの時間に人に電話することが失礼だと感じないスタッフがいました。三島由紀夫も言っていましたが、作法は自分の身を守る鎧です。鎧を身につけず戦に出るのは危険ですよね。また、お客様とやたらと馴れ馴れしいというか、フニャフニャとフランクな関係を築くビジネスマンが多いのも気になります。まずは礼儀を重んじ、ビジネスマンとしてのけじめを持ってもらいたいものです。ちょっとうるさいオヤジになってきたのでこの辺で。

2012年11月21日 (水)

蔦珈琲店の人探し

 確か建築家の渋谷さん(もしかしたら戦略家の尾谷さんかもしれません)に教えてもらったのですが、表参道に蔦珈琲店という喫茶店があります。日本武道館や京都タワーの設計をした故山田守さんの自宅のピロティー部分を改装した喫茶店です。当然雰囲気も良いですし、小山さんというマスターがまたユニークな方で、とてもファンの多いお店です。そして、本日は頼まれごとをしたので、発信させていただきます。通っている方はご存じだと思いますが、トースト(クロックムッシュなど)には必ずヤクルトがつきます。なぜかと言うと、1988年に胸元がセクシーで美人のヤクルトレディーが営業に来て、ついつい置くことになったそうです。男は綺麗な女性に弱いですね。特にマスターはそういう人種のようで、そういうことが原因で離婚もされています。そして、その営業に来たヤクルトレディーは採用が決まってからは一度もお店に来てくれず、他のメンバーに代わってしまい、マスターは25年間残念がっています。そうなんです。人探しとはその一番はじめに営業に来たヤクルトレディです。きっと50歳くらいになっているのではとのこと。どなたかご存じないですか。でも会って何をする気なのでしょうかね。

 

Photo


2012年11月20日 (火)

あなたが理想とする人は誰ですか。

 ビジネスでもプライベートでも自分の思いとおりに行かないことがあるとキリキリと不機嫌になる人が多い。(私もですが)ただ、そんな不機嫌になって余計な力を使うくらいなら、自分を変えることに手間をかけた方が良いと思っています。人を変えるよりも、自分を変えることの方が何倍も楽なはずですから。ただ、楽と言っても自分を変えようとしない人はぬるま湯に浸り続ける方がもっと楽なので、なかなか自分を変えることができません。しかも、それを指摘してくれる人もいません。そして、何年か過ぎると身も心も茹で蛙になった自分に出会います。対策としては、自分自身を他人の目で見てください。もしくは、自分がなりたい人を想像し、あの人だったらこういう時にどういう行動をするかを想像してみましょう。あなたが理想とする人は誰ですか。

2012年11月19日 (月)

月刊不動産11月号に掲載いただきました。

 不動産ニュービジネスということでわが社の取り組みを取り上げていただきました。嬉しいことですね。

Gekkannoriginal

Gekkanntoporiginal

カバンの下にハンカチを敷いていますか。

 お客様のお宅などにお邪魔した際に、ハンカチを敷いて、その上に自分のカバンを置くことをやっと実践し出したスタッフがいます。朝礼で発信してくれましたが、お客様の反応も違っているようです。ただ、私は随分と前から指導をしていたのです。もっと素直に人の言うことを聞いていれば、もっと早く成長できるのでしょうけれど。 

 頭が柔らかいスタッフもいます。入社したばかりのTはわが社のファミリープログラムの1つである禁煙サポートを受けるようです。是非達成してもらいたいですね。進捗は報告をさせていただきます。奥様が三鷹で子供服屋さんを開業したので、こちらも近いうちレポートさせていただきますね。

Photo_4

2012年11月16日 (金)

明大生の会社訪問

 先日、明治大学の経営学部で講演をさせていただいた際、わが社に興味をもってくれた学生が本日会社訪問に来てくれました。営業にも同行してもらいました。営業としては活躍できるかわかりませんが、ベロタクシーの運転手としては十分に期待できそうです。

Gakusei

育った景色が人の心をつくります。

 みなさんはどちらの街に住みたいですか。遊びに行きたいですか。それと、どちらの街で育った人が隣人思いの心優しい人になると思いますか。

01

03

2012年11月15日 (木)

渡辺篤史さんの建もの探訪を観てください。

 わが社で施工させていただいた住宅が渡辺篤史さんの建物探訪で放映されます。日時は11月23日(金)午前4時30分です。渡辺篤史さんは街並みに対してとても厳しい目を持っています。「日本は記憶喪失の街をつくっている」「あなたの家は街並みに繋がっている」などの発言をしています。いつもにこやかにテレビに登場されていますが、実は色々なことを考えていらっしゃいます。日本の汚い街をつくってしまったのは、建築家の責任だというような話をされていたこともあります。それを許している施主にも責任があるということで、住教育のためにこの番組を23年間も続けているのだと私は理解しています。渡辺さんのコメントの裏にどんな考えがあるのかを読み解くのが、この番組の楽しみ方です。わが社の物件がどんな評価をされているのか楽しみで仕方ありません。そして、次回の衆議院議員選挙に渡辺さんに出馬いただき、国土交通大臣になっていただくことを切に願います。

Img_3861

2012年11月14日 (水)

相続税 と 建物のメンテナンス

 最近地主さんから相続の相談を受けることが多くなっています。確かに、今後相続税率が高くなりますし、橋下大阪市長は社会保障費のアップは相続税で賄うと断言されているので、相続税の対策を考えて損はないでしょう。ただ、親からの相続を期待している若者が多いのは気になります。そんなものを当てに生きていても良いことないはずです。自身の成長を阻害しますし、相続出来ると思ったら、フタを開けると借金の方が多かった場合も多くなっています。子供に相続したい、残してあげたいという親の気持ちはそれはそれで良いと思いますが、相続を当てにする子供を育てることは親として問題ありと私は感じています。

 
 それと、昔からの地主さんでご自身がお持ちのアパートやマンションのメンテナンスを放棄してしまっている方があまりにも多いのに驚いています。居住者が退去されたまま、掃除をせずに放置するくらいなら大したことではないですが、雨漏りやカビもそのままにしているオーナーさんが多いのです。当然、新しい入居者が決まることもなく、せっかく入居している他の部屋の方にも嫌われて、お化けマンションまっしぐらです。建物も人間と同じで、軽傷のときに治療した方が楽です。歯が痛い時に放置していたら、大変なことになった経験をした人も多いはず。お金がないと言ってメンテナンスしない訳ですが、今動かないともっと大変なことになると気が付いてもらいたいです。

2012年11月13日 (火)

日経アーキテクチュア ストックビジネス必勝法

 日経アーキテクチュアのストックビジネス必勝法という特集で、おんぼろ不動産マーケットの記事を掲載いただきました。嬉しいですね。東京R不動産を筆頭に、DIYPと休日不動産も掲載されています。偶然にも、みんな知り合いです。もっと多くのストックビジネスが出てきたら、日本の建築も街も良くなっていくのではと思います。

Photo

2012年11月12日 (月)

わが社の採用面接に来てくれる人は是非読んでください。

 たった今採用面接をしました。相手は50代の女性です。私と面談するのをわかっていて、わが社のwebサイトをしっかり見てきていませんでした。がっかりです。しかも、忙しくて見れなかったと言い訳をされてしまいました。申し訳なかったのですが、5分で帰ってもらいました。私は就職は結婚と同じだと考えています。結婚相手のことをろくに知らずに結婚しようとする人を信用できません。そう言えば、11月に入社し、3日間しか会社に顔を出せなかった、中途採用のOも同じでした。40歳近くにもなって、新卒1年目の平松が優秀に見えて、追いつけないというのでは、わが社では当然やっていけません。採用サイドにも大いに反省が残ります。採用面接時にwebサイトを見ていない人がダメな理由がもう一つあります。結婚相手のことさえろくに気にしない人は、ビジネスでお客さまの会社や協力会社のことなど調べる訳がありません。そんな人に仕事は任せられません。今までわが社では私が1次面接でお相手することが多かったのですが、今後は、webをどこまで見ているかをまず別のスタッフにテストしてもらわないといけなくなるかもしれませんね。

日々成長してますか。

 朝礼で話をしたことを発信します。「若さは武器だ」ということには誰も否定しません。ということは、人は日々武器を失っているということになります。現在32歳だとします。まだまだ若いと思っているかもしれませんが、実は体力は落ちてきています。そして、今のままの仕事のスタイル、質を維持し続けることが困難になっていきます。体力が落ちるということは量が減るということです。量が減った分、質を上げないと自身の価値を落とすことになります。今までの日本では、淡々と仕事をこなすだけで、それなりの地位を確保できました。ただ、今後は絶対的に価値を上げていかない限りは生存競争に負けることになります。若さという武器を無くす以上の武器を身に付けることに本気にならないといけません。無駄な時間を過ごしている暇はありません。これは主婦にも当てはまることです。若さという武器を日々失うのですから、それに代わる武器を身につけましょう。料理が上手くなるでも、人間力を高めるでも良いです。「私は体重とシワを身に付ける」という友人がいましたが、それでは旦那さんや子供に見限られますよ。いつまでも尊敬される女性でいてくださいね。

2012年11月 9日 (金)

全国賃貸住宅新聞 と リフォーム産業新聞 に取材いただきました。

Photo_3

Photo_4

明治大学ビジネス・イノベーション研究所  と 雪見だいふく

  昨日、明治大学ビジネス・イノベーション研究所主催のセミナーにおいて講演させていただきました。経営学部の学生が多かったのですが、前向きな学生が多く、接していても楽しかったです。私も多くの気づきがあり、大変勉強になりました。ある学生に「雪見だいふくがいつも食べれるオフィスが嬉しい」と言われたので、早速近くのOKストアで買ってきました。わが社のスタッフは喜んでくれるでしょうか。そして、経済産業省のSさんとも話ができました。元気な若者を多く輩出し、地域を元気にする取り組みを一緒に出来たらと考えています。

Photo_2

2012年11月 8日 (木)

薬膳で楽しむ毒だしごはん (青山有紀著) その2

 昨日のブログで紹介した本から、早速2品つくってもらいました。卵とトマトのおじやとアボカドとトマトとタコのサラダです。こんな簡単なレシピで、カロリー低くて、とっても美味しい。誰がやっても(料理しても)簡単に結果を出す仕組みがこの本には紹介されています。世の中、仕組みを考えられる人が活躍するということを見せつけられた本です。

Aoya

住宅は商品でしょうか。

 大手ハウスメーカーや大手デベロッパーの多くが、住宅を企画する部署を商品企画部、もしくは商品開発部と言っています。私はこれにずっと引っ掛かっています。住宅は商品なのでしょうか。商品と言われる存在であるから、現状の家や街並みになっていると感じています。愛情がまずは感じられません。そして、使い捨て感があり、軽く扱っているような気がします。考え過ぎでしょうか。工業化住宅と商品化住宅という言葉を調べてみました。工業化住宅とは、「主として工場で生産される部品を組み立ててつくる住宅」で、商品化住宅とは、「全体がひとつの商品としてパッケージされた住宅」でした。ということは、大手企業がつくっている住宅は商品と言って問題ないです。がしかし、今後もそれで良いとは言えませんよね。是非私に部署名変更コンサルティングを発注いただきたいものです。

2012年11月 7日 (水)

薬膳で楽しむ毒だしごはん (青山有紀著)

  オーシャンズの葛城さんに同行し、青家の女主人青山有紀さんに久し振りにお会いしました。最近では、旦那さんの佐戸川さんとオーダーメイド賃貸に取り組まれたりしています。なんでもランキングなどのテレビでも大活躍ですが、9冊目の本を出したようで、サイン入りでいただきました。薬膳とありますが、難しい料理ではなく、食べ物本来の持っている力を引き出した料理が満載です。ミニストップのお弁当でも、なるべく体に良いものを食べてもらおうと添加物を少なくしたりしています。人間に人間らしい食べ物を食べてもらう活動をしているように感じました。食育ですね。私が日本の住宅や街を当たり前のものにしたいと住育活動しているのと似ています。ただ、彼女は命の掛け方が半端ではないですね。自身の命をすり減らしてでも、達成しないといけないものが明確にあるのです。彼女と比べると自分は甘いと感じざるを得ません。

Aoya_hon

2012年11月 6日 (火)

トヨタの経営危機

 先日、車を購入しようとしている人の付添いで車屋さんを巡りました。性能においてはトヨタ車に勝る車はないと素人ながら感じました。ただ、ワクワクしません。購入したい気持ちにならないのです。以前関わりがあったS洋電機の家電ビジネスにおいても、同じ気持ちになったのを覚えています。トヨタも守る部分は守り、変える部分は変えないと10年後には経営は厳しくなっているはずです。ということは、どんな大企業でも、いつどうなるか分らない時代になっているということです。わが社は永続できる企業にしたいと思います。

 今月から2名の新しい仲間に加わってもらいました。期待しています。Tは早速わが社の禁煙プログラムを利用すると言ってくれています。成功すると良いのですが。それと、昨日からオフィスの留守電を18時に設定することにしました。(不動産関連事業部以外)時短のためです。基本、社員のためではありますが、これがお客さまのためにもなると信じています。本社の22時絶対帰宅も守られているようですので、事業部によっては時間設定を早めていこうと思っています。

2012年11月 5日 (月)

溝の口神社酉の市

 11月7日より、溝の口神社で酉の市が開催されます。カラオケ大会もあります。是非ご参加ください。最近、元気のない神社が多くなっていますが、街つくりの拠点としても、頑張ってほしいですね。

Photo

2012年11月 2日 (金)

白金小滝野にて。

 昨晩、ユニークなメンバーの食事会がありました。鉄骨系の森さん、プロポライフの野澤さん、ネット系の葛城さんとプロポライフさんが経営する小滝野という料理屋さんにお伺いしました。各業界のとんがった人達なので、するどい視点、物言いは大変刺激になり、勉強させてもらいました。やはり活躍している人の話を聞くチャンスはなるべく多く持ちたいですね。それと、食事もほんと美味しかったです。福岡にあるお店を無理矢理口説いて出店してもらっただけのことはあります。福岡出身の妻も次回は連れて行ってやりたいですが、子供の入店は可能か聞き忘れてしまいました。

Photo

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

facebook

最近のトラックバック