« すし 喜邑(きむら) 二子玉川 | トップページ | 週刊ダイヤモンド 「今、入るべき会社」 »

2012年11月27日 (火)

「自分の回りで起きていることを自分の責任と考える」

 「自分の回りで起きていることを自分の責任と考える」ということは難しいことですね。自分では出来ていると思っても、実は自分勝手な発想であったりします。自分の回りで起きていることを本気で自分の責任と考えることができるなら、その問題はクリアしたに等しいです。問題を把握できるようなことでしたら、解決策など必ず見つかるものです。逆に、何もないところから何かを生み出すってとても難しいことです。つまり、0から1をつくる動きです。それと比べると、1を10にする動きはそれほど大変なことではありません。ビジネスにおいて、自分の回りに問題を抱えている方は本気でそれを改善しようとしてみてください。改善できない人は本気度(自責の念も)が足りないかもしれません。なぜなら、自身の力で解決できないなら、助けてくれそうな人を探し、本気で助けを求めれば良いだけですから。

« すし 喜邑(きむら) 二子玉川 | トップページ | 週刊ダイヤモンド 「今、入るべき会社」 »

コメント

今井さん、頑張ってますね。何か相談あったら遠慮なく声をかけてくださいね。では、では。

こんにちは。
この記事を読んでひしひしと本気度の大切さを感じ、考え直しています。本気度が結果に反映されますよね。
私は先日ブレゼン大会に出ましたが、3位に終わってしまいました。チームにも貢献し、頑張ったつもりでいたので結果が出たときは悔しかったですが、今こうして考えるとビジネスプランにも関わらず自分が経営していくのだという当事者視点が足らなかったのだと思います。頑張った「つもり」になっていただけでした。
本当の仕事の場面ではそのような姿勢では人に相手にして頂けないと思いました。
これからはチームでやることに対しても自分が責任を持つのだという姿勢でまわりの人数に甘えず取り組みたいと思いました。
考える機会を頂きありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« すし 喜邑(きむら) 二子玉川 | トップページ | 週刊ダイヤモンド 「今、入るべき会社」 »

facebook

最近のトラックバック