« 日経アーキテクチュア ストックビジネス必勝法 | トップページ | 渡辺篤史さんの建もの探訪を観てください。 »

2012年11月14日 (水)

相続税 と 建物のメンテナンス

 最近地主さんから相続の相談を受けることが多くなっています。確かに、今後相続税率が高くなりますし、橋下大阪市長は社会保障費のアップは相続税で賄うと断言されているので、相続税の対策を考えて損はないでしょう。ただ、親からの相続を期待している若者が多いのは気になります。そんなものを当てに生きていても良いことないはずです。自身の成長を阻害しますし、相続出来ると思ったら、フタを開けると借金の方が多かった場合も多くなっています。子供に相続したい、残してあげたいという親の気持ちはそれはそれで良いと思いますが、相続を当てにする子供を育てることは親として問題ありと私は感じています。

 
 それと、昔からの地主さんでご自身がお持ちのアパートやマンションのメンテナンスを放棄してしまっている方があまりにも多いのに驚いています。居住者が退去されたまま、掃除をせずに放置するくらいなら大したことではないですが、雨漏りやカビもそのままにしているオーナーさんが多いのです。当然、新しい入居者が決まることもなく、せっかく入居している他の部屋の方にも嫌われて、お化けマンションまっしぐらです。建物も人間と同じで、軽傷のときに治療した方が楽です。歯が痛い時に放置していたら、大変なことになった経験をした人も多いはず。お金がないと言ってメンテナンスしない訳ですが、今動かないともっと大変なことになると気が付いてもらいたいです。

« 日経アーキテクチュア ストックビジネス必勝法 | トップページ | 渡辺篤史さんの建もの探訪を観てください。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日経アーキテクチュア ストックビジネス必勝法 | トップページ | 渡辺篤史さんの建もの探訪を観てください。 »

facebook

最近のトラックバック