« 環境が人をつくる。 | トップページ | 「至誠にして動かざるものは、未だこれ有らざるなり」 »

2013年2月26日 (火)

包丁と人間

 釜浅商店のWEBサイトを見ていて感じたことがあります。包丁と人間は同じだと。熱して、叩き、冷ますの繰り返しが必要ということです。熱するだけでも、叩くだけでも、冷ますだけでも出来上がりません。それぞれ良いバランスで実行しないといけません。自分自身も含め、これが一生続くと思うと、気が遠くなりますが、成長するためには仕方ないですね。最後の砥ぎ作業に入るのは、いつになるのでしょうか。

« 環境が人をつくる。 | トップページ | 「至誠にして動かざるものは、未だこれ有らざるなり」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 環境が人をつくる。 | トップページ | 「至誠にして動かざるものは、未だこれ有らざるなり」 »

facebook

最近のトラックバック