« 街並みを考えない建築のプロ | トップページ | 引き際 »

2013年2月18日 (月)

刺激をくれる後輩

 大手・中堅ハウスメーカーさんから転職したいと面接に来てくれる人が多いです。ほとんどの人が同じことをいいます。「今までの会社ではやりたいことをやれなかった」「お客様の要望に応えるために、新しい建材を使いたくても使えなかった」「この先会社が存続できると思えない」などなど。わが社を選んでくれることは嬉しいですが、きっとこういう人はどこの会社に行っても同じ発言をするはずです。私には、愚痴やモンクにしか聞こえません。大手の会社でも、ヘーベルハウスさんのように、会社を説得しポーターズペイントを全面に利用するような動きが出来る人もいるのです。(さすが、建設不動産業の中で、入社したい企業NO1です)わが社は何事にも本気で取り組んでいる人と一緒に働きたいと考えています。入社希望の方はその覚悟を持って、面接にいらしてくださいね。

 写真は、現在台湾一のビッグプロジェクト(オペラハウス)の設計を担当している後輩です。彼と会うと刺激を貰えます。彼は常に前向きで、発言も愚痴やモンクとは反対の方向に行きます。こういう人間は成長しますし、私も力になりたいと思います。そして、写真のように台湾の可愛くて、頭も性格も良い彼女をゲットできるのです。

Sano

« 街並みを考えない建築のプロ | トップページ | 引き際 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 街並みを考えない建築のプロ | トップページ | 引き際 »

facebook

最近のトラックバック