« 包丁と人間 | トップページ | 本気 »

2013年2月27日 (水)

「至誠にして動かざるものは、未だこれ有らざるなり」

 管理職のスタッフの成長を感じる今日この頃です。部下の悪い動きを自分の責任と感じ、自分が変わろうとしています。しかも、状況に合わせて、臨機応変に動いているリーダーもいます。朝礼暮改も当然のようにあります。休日に天気次第で行動が変わるのと同じで、得た情報によって、行動を変えるべきですから、私は良いと思います。ま、部下は大変ですけどね。ただ、吉田松陰も言っていたように、「至誠にして動かざるものは、未だこれ有らざるなり」だと思います。本気で取り組めばきっと分かってくれると思います。実は、そういうリーダーの部下達は、上司のそういった変化を敏感に察知し、自分たちも変わろうとしています。そんな話がいくつも耳に入ってきています。会社を経営していて良かったと思える瞬間でもあります。

« 包丁と人間 | トップページ | 本気 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 包丁と人間 | トップページ | 本気 »

facebook

最近のトラックバック