« 月刊 不動産流通 4月号 | トップページ | コミュニケーション不足 »

2013年3月10日 (日)

Acebuddy と IVY PLACE

 友人がAcebuddyの2店舗目を代官山にオープンしたのでお邪魔してきました。福岡に1店目を出店して間もないこの時期に2店舗とはやってくれます。ロケーションも良く、彼らのセンス(ビジネスと商品セレクト)を持ってすれば成功は間違いないでしょう。設計は薬院設計総研の二宮さん(元NIIZEKI STUDIO)です。本人には聞いていませんが、建物自体がちょっと主張が強いので設計には苦労されたのではないでしょうか。

 徒歩1分の場所にポーターズペイントを使ってもらっているIVY PLACEがあるので、ランチをしてきました。とんでもない混雑ぶりでしたね。CICADAもそうですが、食事が美味しくなっていると感じました。日々工夫を重ねているのでしょう。明日でもT社長に聞いてみようと思います。T-SITEの中にあるのですが、この商業施設は化物ですね。代官山の人の流れを完全に変えてしまいました。そして、今までの商業施設のあり方を考え直させる力があります。代官山だからこそ、これが成功しているかもしれませんが、それこそ、その街らしさをつくって成功している例です。単に、容積率一杯に建物を建てて、どこの街とも同じ商業施設をつくる開発はそろそろ卒業する時期に来ているのではないでしょうか。

Img_3019

Img_3016

« 月刊 不動産流通 4月号 | トップページ | コミュニケーション不足 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 月刊 不動産流通 4月号 | トップページ | コミュニケーション不足 »

facebook

最近のトラックバック