« ポイ捨てとオナラ | トップページ | 入社式 と 神楽坂 みや川  »

2013年3月30日 (土)

昨日と一昨日

 どんな組織にもあてはまることですが、トップ以外の所属メンバーがやるべきことをしっかりやってくれれば、トップは前向きな行動に集中できます。我が社の各事業部にも当てはまることだとつくづく感じています。トップ以外のメンバーで完全に仕事を回せると、トップは未来のための種まき等に時間を使えます。私自身もそんな時間を持てるようになってきました。もちろん、プレッシャーでもありますけどね。

 

 昨日、若手の次世代ビジネスマン2人とお会いしました。東大と慶応卒で、とんでもなく優秀な2人でした。大企業に所属せず、己の力で時代を切り裂き、そして、時代を作っていくという勢いを感じました。東京R不動産の林さんの話を聞いていても感じたのですが、優秀な人が大企業で一生過ごす時代は完全に終わったようです。彼らは、毎日のように新しい仕組みをつくり、新しい結果を生み出しているようでした。「考える」という作業をしっかりやっています。時代の流れはさらに早くなっていくことでしょう。

 

 HEAD研究会の学生2人もいきなり独立を決意したそうです。やってくれますよね。ただ、明治のT先生と一緒にビジネスモデルを聞いたのですが、2人でボロクソに否定してしまうレベルでした。周りの大人が応援してくれるとは思いますが、それに甘えたビジネスモデルなので、これでは間違いなく長続きしません。どうせなら、周りの大人をこき使うくらいの刺激的なことを考えて欲しいものです。今後が楽しみですね。

« ポイ捨てとオナラ | トップページ | 入社式 と 神楽坂 みや川  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ポイ捨てとオナラ | トップページ | 入社式 と 神楽坂 みや川  »

facebook

最近のトラックバック