« 一流企業が一流である所以 | トップページ | 東洋の奇跡 »

2013年3月 5日 (火)

経営者理念

 「筋肉痛 忘れた頃に やってくる」と詠いたくなる朝を迎えた私です。さて、最近、わが社のお茶が美味しくなっています。近所の歴史あるお茶屋さんで最上級のお茶を購入し、お茶の入れ方もしっかり習って淹れてくれているのです。ただ、スタッフ用のお茶は安いものを使っていると聞いたので、同じ物にするように指示しました。私としては、経営者理念にあるように、お客さまよりも、スタッフを幸せにしたいので、当り前だと思います。そういう意味では、お客様以上のお茶を出しても良いかもしれません。昨日もある企業の代表の方に心配されました。「こんなことを言って大丈夫なの?」と。私は嘘はつけませんし、お客様に対しては各スタッフが一所懸命に尽くしてくれるので、問題ないと思っております。勿論、私もお客さまを大切にします。ただ、社員が優先だというだけです。私の言っていること、おかしいですか。

« 一流企業が一流である所以 | トップページ | 東洋の奇跡 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一流企業が一流である所以 | トップページ | 東洋の奇跡 »

facebook

最近のトラックバック