« 住友林業のリノベーション事業進出について。 | トップページ | 世界を1つに。 »

2013年5月10日 (金)

「実るほど、頭を垂れる、稲穂かな」

 急激に伸びている飲食店のリーシング担当者と話をしたのですが、担当者(女性)は、あまりにも調子乗っていて、偉そうだったので呆れてしまいました。会社の勢いと成長が自分のことだと勘違いしてしまっているようです。人の振り見て我が振り直せではありませんが、私自身も注意したいと思います。「実るほど、頭を垂れる、稲穂かな」

 そんなとき、三井不動産にお邪魔してきました。感想は一言、王者の風格。余裕があって、紳士ですし、こちらと同じ言葉で会話をしてくれます。しかも、スタッフは美人だらけ。驚きますよ、ほんとに。本日も受付で会いましたが、清水建設のM(大学同期の準硬式野球部)が入り浸っている理由はこれだったのですね。これまた、さすがの目ざとさです。やはり大手の一流企業で活躍している人にはそれなりの理由がありますね。ただ、わが社も負けませんよ。乞うご期待。

« 住友林業のリノベーション事業進出について。 | トップページ | 世界を1つに。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 住友林業のリノベーション事業進出について。 | トップページ | 世界を1つに。 »

facebook

最近のトラックバック