« 界箱根で考えたこと。 | トップページ | 社内恋愛 と ゴルフコンペ »

2013年5月27日 (月)

懐かしむこと

 昔話に花を咲かせる同期会(クラス会)を頻繁に行っている人を見ると、大丈夫だろうかと心配になります。昔のことより、未来のことをもっと語れば良いのにと。

 ただ、住宅に関しては、昔話が出来た方が良いと感じています。故郷にある、自身が育った家が建て替えられると寂しくなりますよね。そして、建替えてしまうと、なぜか、田舎に帰る機会が減る人が多いと聞きます。自分が子供の頃に過ごした家は、自身のルーツであり、分身のようにも感じているはず。私が小学生時代過ごした家は、他人が所有していますが、残存しています。いつまでも住み続けていただきたいですね。
 
 写真は、大山街道沿いの呉服のたなかやさんです。すでにお店の経営はされていません。大山街道アクションフォーラムのメンバーである私としては、今後が気になって仕方ありません。壊されないことを祈るばかりです。

Tanakaya

« 界箱根で考えたこと。 | トップページ | 社内恋愛 と ゴルフコンペ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 界箱根で考えたこと。 | トップページ | 社内恋愛 と ゴルフコンペ »

facebook

最近のトラックバック