« 建具・キッチン・家具の新しいブランド | トップページ | 「実るほど、頭を垂れる、稲穂かな」 »

2013年5月10日 (金)

住友林業のリノベーション事業進出について。

 住友林業さんがリノベーション事業を本格的にスタートしたようです。(プレスリリース)新築に見切りをつけての行動だとは思います。今後もハウスメーカーのリノベーション事業への進出は盛んになるでしょう。ただ、大企業がリノベーション事業を行うのは、そう簡単なことではありません。大量販売しないといけない体質になっていますから、1つ1つの住宅に対して、気候・風土・歴史・文化を読み込み、心と体が休まる住宅を提供することは至難の業ではないでしょうか。今までとは違う考えで挑むチーム編成をするしかないでしょうね。ただ、そうなると仕上げ材にしても、新築で使うものとは違ったものになってくるので、社内の整合性をどう取るのか興味あるところです。

 とにかく、日本は、すでに新築の時代ではないことは明確です。計画を立てている人は、もう一度考え直してみてはいかがでしょうか。

« 建具・キッチン・家具の新しいブランド | トップページ | 「実るほど、頭を垂れる、稲穂かな」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 建具・キッチン・家具の新しいブランド | トップページ | 「実るほど、頭を垂れる、稲穂かな」 »

facebook

最近のトラックバック