« 「立志尚特異」 | トップページ | トーマツイノベーション »

2013年6月18日 (火)

街並みを破壊する車

 私は車が街並みを破壊すると考えています。なぜなら、多くの建築・街が、車のことを想定しないで作られているからです。車が存在する姿を想定したとしても、車種や色まで考えているプロジェクトを聞いたことありません。ですから、基本的に車は見えないように収納する必要があると考えます。(センスの良い人が、車のある場合とない場合をしっかり考えて建築しているなら話は別)今後、ハウスメーカーは車のデザインにあった家を開発しても良いかもしれませんね。(冗談です)この点はドイツも酷かったです。街中路上駐車だらけです。写真はライプツィヒの街ですが、美しい街が台無しでした。

 話は変わりますが、タクシーの話。まずはベロタクシー。ドイツでデザインされたからでしょうか、ドイツの街に溶け込んでいました。溝の口綱島をベロタクシーが似合う街にするのは簡単ではなさそうです。それとベルリンでは、一般的なタクシーは、メルセデスが一番多く、その次にプリウスでした。環境への意識の高さには、頭が下がります。そして、プリウスがベルリンの街に似合っていることにも驚きでした。プリウスは、ドイツ人がデザインしたのではないですよね。それと、私が日本で乗っているフォルクスワーゲンのビートルカブリオレはほぼ存在しませんでした。日本の方が人気があるようです。不思議な話ですね。

Img_0681

Img_0784_3

Img_0830

« 「立志尚特異」 | トップページ | トーマツイノベーション »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「立志尚特異」 | トップページ | トーマツイノベーション »

facebook

最近のトラックバック