2012年12月25日 (火)

永井好明 と 三崎和雄

 大学のアメフト部の同期の永井が、三崎和雄さんの前座の試合に出るというので後楽園ホールに行ってきました。三崎さんの引退試合でしたが、私は三崎さんをはじめて意識しました。今までは単なる戦う人という認識でした。とても熱い方で、多くのドラマを作ってきた人のようです。本人も「感謝と挑戦」を大事な言葉として挙げていましたが、人に対する思いやり、礼儀正しさ、やると決めたことはやるという心意気が強く伝わってきました。引退試合なのに、ファンになってしまいました。そして、永井です。残念ながら試合には負けてしまいましたが、あのステージにこの年齢になって上がること自体、普通では考えられません。彼はこの試合を通じて、我々同年代や仕事仲間にも言いたいことがあったような気がしてなりません。きっと私には、こう言いたかったのだと思います、「為せば成る」と。

Nagai2

Photo_3

2012年8月21日 (火)

極めたら優雅に見える。

 オリンピックのメダリストのパレードがありました。とんでもない人数が見に来ましたね。熱狂的な応援をしていたのも、愛国心があるからこそなのでしょう。この力をもっと他に利用できないものかと感じたのは私だけではないはずです。それと、オリンピックを日本に招致しようとしていますが、私は大賛成です。日本らしさ・日本の武器を認識できる機会になるでしょうからね。

 北島康介さんの泳ぎを見ていて感じたことがあります。ストロークが少ないし、優雅に見える。1ストローク、1ストロークをしっかり丁寧に行うことで、良い結果に繋がっているようです。これって、水泳だけでなく、仕事でも、プライベートにおいても当てはまることではないでしょうか。一期一会という言葉にも通じますね。そして、何事も極めたら優雅に見えるのかもしれないと気がついた次第です。

2011年10月17日 (月)

中日の落合監督

 楽天のマー君が無四球完封で19勝目をあげました。素晴らしいですよね。見ていてとても気分が良くなるピッチングで、元気をもらえます。沢村賞も間違いないでしょう。

 それと中日の落合監督のことが気になります。リーグ優勝しそうなチームの監督を辞めさせるとはどういうことなのでしょうか。確かに、オレ流を貫き、お客さまのことを一番に考えていない発言や行動が時にはあります。そのために、強いけれど観客減になっているのなら、プロ野球の監督として考え直さないといけないかもしれません。契約で、勝つチームにするのか、観客が多いチームにするかは明確になっているのでしょうか。興味があるところです。とにかくオレ流を貫き、日本一になって、格好良く監督を辞めてもらいたいですね。そして、その後は組織運営のプロの技をもっと大きなステージで発揮していただきたいと勝手に期待しています。

2011年9月 2日 (金)

長友佑都と小笠原道大の思考法

 8月29日のブログに続いて、長友佑都さんと小笠原道大さんの思考法を紹介します。美容室で読んだ雑誌を写真に撮っておいただけなので、はっきり出所がわかりませんが、多分Numberです。

小笠原道大の思考法

  決めたことを成果がでるまで徹底してやる

    周りを気にせず、スケジュールを決めて、物事に取り組む

    でも、浮きすぎてはならない

長友佑都の思考法

①聞く耳を持ち、多くの意見を求める

②具体的な目的のもと、己を鍛える

③メールを駆使して、強いメンタルを保つ

2011年8月29日 (月)

本田圭佑さんの言葉

 Numberだったと思いますが、サッカー日本代表の本田圭佑さんの言葉が紹介されていました。とても参考になる言葉なので、皆さんにもお伝えしておきますね。私は最近20代の人に教わることが多いと感じています。

一、常に想定外のことも起こり得ると想定する。

二、人生は上がるか下がるかのどちらかと認識する。

三、いつ抜けられるかわからない真っ暗なトンネルでも、とにかく必死に前に進む。

四、自分のことを客観視するために、まわりに自分のことを訊く。

五、目標から遡って何をすべきかを決める「逆算の方程式を使う。

六、コンプレックスをモティベーションに変えて、自分を奮い立たせる。

七、挫折をしても「負け」とは思わない。

八、夢のためであれば、みんなが嫌なことをやり、やりたいことを我慢する。

九、勝負事で「2位でいい」とは絶対に思わない。

十、理想の人格を作り、普段からその人格に追いつくように振る舞う。

2011年8月25日 (木)

有村智恵さんから学んだこと

 プロゴルファーの有村智恵さんは成長したいという気持ちがとても強い人だそうです。多くの人にアドバイスを求めたり、他のスポーツからもヒントを得ようとしているようです。私も一度彼女のプレーをナマで見ましたが、可愛い顔とは対照的なガッチリした下半身は、相当鍛えあげられています。そして、醸し出す雰囲気は尋常ではなく、近寄りがたく、目が意志の強さを物語っていました。プロだから当然だろという方もいるかもしれませんが、我々社会人も実はみんなプロなのです。お金をいただいて仕事をしている訳ですからね。我々もプロとして誇りを持ち、日々新しいことを吸収し、諦めることない強靭なハートを身につけて、世のため人のためになるべきと彼女を見ていてさらに強く思いました。

2011年7月18日 (月)

なでしこジャパン、世界一!(らしさ編)

 やってくれましたね~、女子サッカー!駄目だろうと思っていたのですが、いやあスゴイ。早朝から涙と鳥肌でした。体格、パワーやスピードの差を克服しての勝利です。色々な勝因はあったのでしょうけれど、「らしさ」を活かすことができたのではないでしょうか。小さいからこその俊敏性。そして、簡単に諦めることなく、全員勝利をつかみ取ろうとしたチームワーク。苦しかったのでしょうけれど、きっと前向きに楽しんで取り組んだのではないでしょうか。そのように取り組ませた佐々木監督の手腕は素晴らしいですね。ああ、まだ興奮しています。(リラックス編はこちら

2010年5月 3日 (月)

石川遼とシンジエと宮里藍

 サイバーエージェントレディースを観てきました。天気も良く、気持ちよく散歩を楽しむことができました。一番驚いたのは観戦している人のマナーの良さです。あれだけの人数が観に来ているのにプレーする瞬間に静まり返るのは感心しました。万博で大騒ぎ中の中国でゴルフの試合をしたら大変でしょうね。それとシンジエの下半身の安定度もスゴかったです。

 石川遼君も中日クラウンズでとんでもない成績で優勝しました。彼は何か持ってますよね。タイガーウッズの跡継ぎになるかもしれません。やはりそこに目標を設定している人間とそうでない人間との差があります。それと宮里藍さんも今期3勝目をあげました。彼女も目標設定が高いです。小柄で飛距離も大したことないのに、自分を分析して長所を見出し、その長所をNO1にして、さらに伸ばそうとしています。これってビジネスにも当てはまることです。オリエンタル各事業部NO1になれる長所を見出し、それを伸ばして行きたいと思います。

2008年10月 1日 (水)

清川カントリークラブ アゼルとグローベルスの合併

  080927073320 080927073411080927073200080927073115080927073148_2

 

  

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 先日清川カントリークラブに家族で行ってきました。暑くもなく、寒くもなくちょうど良い気候で最高のゴルフ日和でした。写真にあるように朝から鶴(もとい白鳥!)に出会え、しかもバーディースタートだったのですが・・。

 それと、昨日マンションデベのアゼルとグローベルスが合併を発表しましたね。2月1日予定ということです。それぞれ東証1部、2部ですが、両社とも株価は30円代です。しかも両社とも現在本日の株価は下がっています。シナジー効果のある合併と言っていますが、特に差のない同じ業態で合併する意味はあるのでしょうかね。う~~ん???

2008年8月11日 (月)

北島康介100m平泳ぎ世界新で優勝!

 北島康介がやってくれました。58秒91の世界新記録で金メダルを獲得しました。いやあ彼は本当にスゴイですね。有言実行なところが感動を覚えます。「金メダルを獲る」とあれだけはっきり断言してしまったら逃げ道がなくなります。それにも関わらず自分にプレッシャーを掛けるために(もしくはプレッシャーと感じていないのか?)大きなことを言ってしまうのです。そして、言ったからには、どうやってその目標を達成しようか本気で考え、それを実行して行くのです。PDCAの繰り返しですね。泳法をピッチ泳法からストローク泳法に変えたことしかり、自分のことを否定し、柔軟に考えて知恵を出し、そのアイデアを徹底してやり通してきたのです。これはビジネスにも通用することですね。彼がビジネスをしだしたら一流になるのではないでしょうか。

facebook

最近のトラックバック