2013年5月30日 (木)

梅雨入り

 梅雨入りしましたね。去年、自宅の庭に紫陽花を挿し木したのですが、今年花をつけることはなさそうです。来年に期待したいと思います。

 雨の日は水玉模様のネクタイをしています。雨の日を好まない人が多いようですが、私はそうでもありません。晴れ男で、雨に邪魔された経験が少ないからかもしれません。それと、先日のブログ(懐かしむこと)ではありませんが、幼稚園に通っていた頃、ふきの葉(もしくは、里芋の葉)を傘にしていたことを思い出す機会になっています。そして、自転車でドブに落ちて額を切ったことも。

 リラックスしたいとき、雨音だけが聞こえる環境に身を置くことをお勧めします。雨の日にお寺で座禅した経験があるのですが、晴れの日以上に、清々しい気持ちになり、なぜかちょっと自信を取り戻した自分に出会えます。是非お試しを。
 

2013年3月19日 (火)

お金の使い方が格好良い人。

 以前勤めていた会社で、部長に銀座でお寿司をご馳走になったことがあります。自腹かと思ったら、領収書をもらっているのを見て、がっかりしたことを今でも覚えています。20年も前のことです。池波正太郎さんもおっしゃっていますが、身銭を切る格好良さというのを先輩や上司は持ってもらいたいですね。体育会の出身者は分かると思いますが、後輩には意地でもご馳走していました。「武士は食わねど高楊枝」の精神を日本は思い出す必要があるのではないでしょうか。あるレストラン経営者が言っていたのは、友人がお店に来て値引きを要請する人がいるというのです。お客様が少ないお店ならまだしも、いつも混んでいて繁盛しているお店でです。レストランからすると、一般のお客さまに来てもらった方が、儲かることになります。友人達は意図していないかもしれませんが、レストラン経営の足を引っ張っていることになるのです。どうせなら、友人のために高く払うくらいの気概を見せて欲しいものですね。もちろん、私には出来ませんけど。

2013年2月24日 (日)

初体験

  はじめてロープウエイを見たときの娘の写真です。座り込んで、驚いていました。きっと刺激になったことでしょう。今後も良い刺激を与えていきたいです。我が社のスタッフへは、日頃良い刺激を与えられているのか、考えてしまいました。

Img_2832

2013年1月11日 (金)

少子化対策を考えてみました。

 今後、日本経済が発展しにくいことは、人口ピラミッドを見れば一目瞭然です。人口と商品の販売数量は基本的に比例しますからね。そこで、考えなくてはならないことは、海外からの移住者を増やすか、もしくは、出生数を増やすことです。本日は後者のためのアイデアをいくつか披露したいと思います。安倍首相にも聞いていただきたいです。まず、結婚を増やすことも重要かと。怒られそうですが、30歳以上で結婚しない人に重税をかけても良いのではないでしょうか。そして、子供を作る作業自体も増やさないといけません。暖房器具に重税をかけます。寒いと肌と肌を触れ合わせたいと考えるのではないでしょうか。そして、避妊具の販売を病院のみとします。理由はお分かりと思います。それと、出産までのフォローを手厚くします。妊婦さんはタクシー無料とか、空いている映画館や新幹線の自由席を無料にするなど。また子供が多いほど、家賃が少なくて済むURの賃貸マンションなんていうのもありではないでしょうか。まだまだ色々と策はありそうですね。そこに問題があるなら、解決策は必ずあります。皆さんも考えてみてくださいね。

2013年1月 7日 (月)

福袋と年賀状

 デパートなどで福袋を販売している様子を見ると気分が悪くなります。基本的には売れ残り処分であって、購入した人が絶対に必要でないものも手に入れることになり、愛情のない物に溢れた生活を送るか、もしくは、ゴミを増やすかしてしまうからです。simplerichでも簡素な生活でもありません。以前ブログでも書いた食べ放題の飲食店と同じ匂いがします。そもそも自社商品を大切に扱っていないとも感じます。そんなことはないという企業があるなら、福袋という言葉はもう使わない方が良いかもしれませんね。一般的に福袋はそういうものだと刷り込まれているのですから。それと、年賀状についても考えないといけない時期が来ているように感じます。気持ちを込められた年賀状は有難く頂戴しますが、そうでないものは勿体ないと感じてしまいます。お金も手間もかかるわけですし。メール等が発達したこの時代、年賀状に代わる新しい新年の挨拶が生まれてくるかもしれませんね。

2012年12月13日 (木)

日本人が世界に誇れる33のこと ルース・ジャーマン・白石著 あさ出版

 昨日、電車に乗った時のことでした。一般的な職業ではない強面の50代の男性が満席のシートの真ん中に偉そうに座っていました。しかも、掛かってきた電話をとり、長々と話をしだしました。次の駅で降りる予定で、扉付近にいた私はわざわざ近寄って、肩をたたき、「電話はやめましょうよ」と伝えると本人はびっくりしていたようですが、電話の相手に「サラリーマンにちょっと怒られている・・・」と話しながら、私に対して「緊急なんだから仕方ねえだろ!」と返してきました。私も黙っておけば良かったのですが、「マナーは守りましょう」と睨みながら言い返してしまいました。ちょうど電車を降りるときだったので、彼は電車を降りようとする私を扉まで威嚇しながら追いかけてきました。これは想定外でした。でも、結局は降りるほどの勇気は無かったようなので、事なきを得ました。ま、恐そうな人には注意をするなということですね。それにしても、最近の電車の中でのマナーは良くないですね。㈱スペースデザインで役員のルース・ジャーマン・白石さんの書いた本では、思いやりのある日本人をべた褒めしてもらっているのですが、ちょっと違ってきているような気がしてなりません。道徳教育をもう一度しっかりすべきではないでしょうか。

Photo_3

2012年10月19日 (金)

食い放題反対! と いきなり団子

 相変わらず世の中食い放題のお店が多いですね。日本では食べ物に感謝し,「いただきます」と言ってから食事をします。食い放題のお店では、食べ物に感謝しているとは思えません。牛や豚や鳥などの命を軽く見過ぎていると感じます。動物だけでなく、植物の命も大事にしないといけませんね。大食い競争のテレビ番組も勘弁してほしいものです。

 熊本のおばちゃんから、いきなり団子が送られてきました。サツマイモとあんこの団子です。これが本当に素朴で美味しいのですよ。私の大好物です。「いただきます!」

Photo

2012年10月10日 (水)

二子神社と諏訪神社のお祭り

 先日、二子神社と諏訪神社のお祭りがありました。地元で同時開催でしたが、どちらもそれほど盛り上がらず、境内の屋台も4軒づつほどで、とても寂しかったです。ただ、写真にもあるように、老人ホームの老人や保育園の子供は楽しみにしていますし、良いコミュニケーションの場にもなっていました。街が一体化する瞬間がありました。祭りだけでなく、街にクリエイティブなコミュニケーションをもっと生み出したいですね。

Photo

2012年10月 1日 (月)

5700個の金庫が警察に届け出。

 東日本大震災で流された5700個もの金庫が警察に届けられたそうです。中身はトータルで23億円近いそうです。当り前と言えば、当り前かもしれませんが、素晴らしいことですね。略奪などが大きな問題となっているイギリスやアメリカなどでも絶賛されているようです。昨日も、鍼灸の先生がおっしゃっていましたが、「日本ほど東洋医学と西洋医学が充実している国はない、自信を持って良い」と。これらのこと以外でも日本は良いことがたくさんありますよね。私もついつい政治を否定しがちですが、注意したいと思います。

2012年9月24日 (月)

包容力

 M先輩宅にお呼ばれしてお邪魔してきました。奥様と二人で食事をつくっていただいたのですが、いやあー美味かったです。食べすぎました。それと、娘が私よりも先輩になつくのが、ちょっと悔しかったです。大人だけでなく、子供までも包み込む力は鍛えて備わるものなのでしょうか。真似したいものです。

Koyatasan

より以前の記事一覧

facebook

最近のトラックバック