2013年6月24日 (月)

的場メモが生まれ変わります。

 トーマツイノベーションのセミナーで教わった言葉が石に刻まれていました。「働く 1両、考える 5両、知恵を借りる 10両、ひらめく 100両、人脈を得る 300両、歴史を知る 500両、見切る 1,000両、無欲10,000両」

Img_1551

 それと、次回から、的場メモは、こちらに書いていきます。今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年6月21日 (金)

 「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学び、そして、学ばざるは滅びる」

 私は、山口県の萩に行ったことありません。明治維新を成立させた長州藩がどのような地域にあったのかをこの目で見なければと感じています。江戸末期や明治初期の建物も随分と残っているようですし。「緋が走る」という萩焼の漫画も好きでした。「世に棲む日々」(司馬遼太郎著)も何度読んだか分かりません。必ずお伺いしますので、詳しい方は、お薦めの場所を教えていただけると嬉しいです。

 

2013年6月19日 (水)

トーマツイノベーション

 わが社では、全スタッフがトーマツイノベーションさんのセミナーを受講しています。私は昨日「気づいて活かす経営」というセミナーに参加してきました。考えてみればあたり前なのだけれども、自身では気が付いていないことを毎回教えていただいています。情けない話ですけどね。

Img_1531

 『  』に入る言葉はわかりますか。「成果」と「強み」です。そして、実践するためには、以下のような流れとなります。① 自社の強みを知るためにはどうするか→仕事をいただいているお客様に聞く。② 強みがあるなら→それを伸ばす。 ③ 強みがないなら→強みをつくるか、その事業から撤退する。この他にも、強みの見つけ方と実践方法を教えていただきましたが、トーマツイノベーションさんに怒られるので、この辺にさせていただきます。
 

2013年6月17日 (月)

「立志尚特異」

 松陰神社に久しぶりに行ってきました。以前もブログに書きましたが、吉田松陰が祀られている神社です。明治維新の立役者と言っても良い人です。彼は、東北から九州まで、名高い学者に会うなどして、視察旅行をしたことがあります。実際に、自分の眼で見て、自身の耳で聞き、多くのことを吸収し、自分の考えを確立していきました。経験の大事さを教えてくれます。そして、「立志尚特異」(志を貫くためには、人と違うことを恐れるな)と言いました。そんな言葉が弟子たちを動かしたのでしょうね。

Img_1514

2013年6月14日 (金)

スタッフページが新しくなりました。

 わが社のWEBのスタッフページが新しくなりました。地元の「写真のたなかやさん」に撮影いただきました。是非ご覧ください。http://www.nengo.jp/staff.html 私が選んだ優秀作品を3点紹介させていただきます。キャラ勝負では負けない3人です。

019

049

027_s

2013年6月10日 (月)

5月の月間NENGO

 5月の月間NENGOの発表がありました。普段より少ない受賞者となってしまいましたが、ポーターズペイント事業部Aの年間9回もの目標突破は立派です。今期は違う側面でも頑張ってもらいたいですね。年間NENGOと年間営業NO1の発表も近づいてきました。さあ、誰が受賞するのでしょうか。楽しみです。

5o2

2013年5月29日 (水)

今後の中途採用面接。

 毎日のように中途採用面接をさせてもらっていますが、多くの時間が無駄に終わってしまっています。40歳を超えている人でも、自分の強みがわからず(もしくは、強みがない)、入社した後にどのように活躍するかさえも伝えていただけない人が多い状況です。中には、わが社のこともろくに知らずに面接に来る人もいます。どのようなビジネスマン生活を送って、このような状態になってしまったのかと可哀相で仕方がありません。15分以内には、お引き取りいただいています。わが社の若手にはそんな人生を歩んでもらいたくないですし、そんな姿を見ていたくないので、本日の朝礼で、「このままだと負け組になる」「勝ち組になろうとしないなら、即会社を辞めるように」と伝えました。言っていて閃きましたが、私も面接で時間を無駄にしたくないので、今後の面接は、若手にまず会ってもらい、負け組ではないと判明した人とだけ、私は面談させていただくことにします。もしも、負け組の方が面接に来たとしても、若手はきっとこんな負け組にはなりたくないと感じてくれるでしょうから、時間の無駄にはならないはず。(勿論、私に直接会いたいと連絡してきてくれた人には、必ず会わさせていただきます)人事部の必要性をひしひしと感じる今日この頃です。

2013年5月28日 (火)

社内恋愛 と ゴルフコンペ

 秘密の社内恋愛しているスタッフは、ビジネスマンとして成長しないらしいです。社内コミュニケーションが減るので、当然の結果なのでしょう。ただ、逆にオープンにすると成績が伸びるそうです。そう言えば、わが社の執行役員は、社内恋愛で結婚したので、本人にそのあたりの話を聞いてみることにします。

 先日、第34回(オリエンタルで33回開催)NENGOゴルフコンペが開催されました。話題は、何と言っても新人沼尻です。車での送迎は私が担当させていただき、ゴルフバックの運送は執行役員Nが受け持ちました。初コースということで、散々な結果ではありましたが、本人はとても楽しそうでした。しかも、多くの先輩方と1日触れ合うことができ、きっと成長したことでしょうね。そして、一番喜んだのは経理のM。いつも、ブービーメーカーでしたが、おかげでブービーとなり、景品として福光屋の日本酒を手にすることができました。次回参加希望者はご連絡くださいね。(写真は、事業管理部Nの旦那さん)

Photo

2013年5月27日 (月)

懐かしむこと

 昔話に花を咲かせる同期会(クラス会)を頻繁に行っている人を見ると、大丈夫だろうかと心配になります。昔のことより、未来のことをもっと語れば良いのにと。

 ただ、住宅に関しては、昔話が出来た方が良いと感じています。故郷にある、自身が育った家が建て替えられると寂しくなりますよね。そして、建替えてしまうと、なぜか、田舎に帰る機会が減る人が多いと聞きます。自分が子供の頃に過ごした家は、自身のルーツであり、分身のようにも感じているはず。私が小学生時代過ごした家は、他人が所有していますが、残存しています。いつまでも住み続けていただきたいですね。
 
 写真は、大山街道沿いの呉服のたなかやさんです。すでにお店の経営はされていません。大山街道アクションフォーラムのメンバーである私としては、今後が気になって仕方ありません。壊されないことを祈るばかりです。

Tanakaya

2013年5月24日 (金)

界箱根で考えたこと。

 界箱根、元は桜庵という旅館でしたが、星野リゾートの運営に変わり、名前が変わりました。須雲川に沿ったその旅館は、グラフが設計したアルカナ・イズの雰囲気に似ています。桜庵はとても評判が良かったのですが、その経営手法は通用せず、存続できませんでした。そして、星野リゾート流の運営スタイルを導入し、今に至っています。部屋食の食事を改め、食事処をつくり(ただし、個室風)、そして、和室だけれども基本ベッドを設置しています。これで相当な人件費の削減ができるというわけです。星野リゾート伝統のスタイルです。今までの運営スタイルは、現代では過剰サービスと感じる人も多かったのかもしれませんね。心付けも気にしないといけませんし。

 こんな経営を見せつけられると、建築・不動産業にも応用できないものかと考えてしまいます。箱がある訳ではないので、企業の見え方を大きく変えることは難しいかもしれませんが、やれることは多くあるはずです。仕事がないと嘆いている工務店や専門工事屋を見ているといつももどかしくなります。経営の引き継ぎ先を探している人がいらしたら、是非声をかけていただきたいです。

Img_0111

より以前の記事一覧

facebook

最近のトラックバック